IVS技術促進協議会

IPv6はネットワークに接続された様々なデバイス、ソフトウェアの高度な相互接続を実現する一方で
現在普及しているIPv4のように長期にわたって検証されてきた通信プロトコルではないために、IPv6の具体的な利活用を想定した
セキュリティ機能実装手法、性能評価などに関わる実環境検証において、多くの検討の余地を残しています。

インターネットの普及により、様々な情報機器やサービスが相互に接続し利用されることが一般的になった現在においては
一部の企業だけがこのIPv6への移行に伴うセキュリティリスクの影響を受けるのではなく、多くの企業・公共の活動や一般家庭に
おいても、インターネットからの様々な攻撃、ウイルスによる被害を受ける可能性があります。


IPv4のアドレス枯渇を目前にして、今後ますますIPv6の利用が進む状況の中、IPv4/IPv6の併用、IPv6への移行を見据えた
IPv6ネットワーク環境において、どのようなリスクが内在し、そのための技術的対策をどのように考えるべきかという
調査研究により、これまでIPv4で培った安心・安全技術の知見を活かしつつ、IPv6における新たな脅威の発掘
対策の確立が望まれます。


こうした背景により、通信・ネットワーク・セキュリティ・ハードウェア・ソフトウェア関連の10社・団体が発起人となり
IPv6技術検証協議会を設立いたしました。IPv6利用環境における安全で安定したIT環境の実現を目指し
特にセキュリティ分野を中心とした技術検証を推進してまいります。



活動概要

独立行政法人 情報通信研究機構がセキュリティ上の問題の研究を行い、協議会会員がそれぞれのソリューションや製品を
マイクロソフト大手町テクノロジーセンターに持ち寄り、会員の協力のもとに検証を実施いたします。
確認された問題は協議会メンバー全てに共有されるものとし、協議会員は、協議会の活動を通して新たに確認されたセキュリティ
相互運用性の問題、得た解決策について、より安全、安定したネットワークの利用促進の為に活用し貢献をいたします。

なお、本活動の成果は「IPv6普及・高度化推進協議会」の活動との役割分担を明確にし、お互いの成果連携を視野に入れた形で
活動推進を行うことといたします。 本協議会の活動方針は全て設立発起人の合議のもとに決定し、また、活動方針は安全で
安定した、ネットワークの利用促進を第一義といたします。

年に一度、協議会会員により全体会議を持ち、活動方針を決定、および四半期毎に活動状況の会員全体による共有を行います。


新着情報:

2012年10月23日 セキュリティ評価・対策検証部会より検証レポート 概要編が一般公開されました。
2012年10月15日 総会、及び理事会を開催しました。

 

  • 資料ダウンロード
  • 用語解説
  • お知らせ
  • 参加企業・団体